ネタの出し方を言語化しておこう

 タイトルは重いですが思いつきだけでダラダラーっと書いてしまうのであまり期待しすぎないで下さい。

 この30年間TRPGでGMをしてきて、シナリオのネタはどこから出してるんだろう、という所を考えてみると、幾つかのパターンというか、究極的に言うと一つのパターンに当てはまると気づきました。
 先に一つに絞り込んだ方を言うと、「この【状況】を【彼ら】ならどうするだろう?」という部分がフックなんですよね。
 【状況】とは敵のデータでもいいし、シナリオのクライマックスでもいいし、シナリオの導入でもいいし、とにかく「こういう場合、どうだろう?」の「場合」が全て含まれます。
 そして【彼ら】は基本的にPCの事なんですが、もうデータが出来ている特定PCでもいいし、シナリオを書いた後に作られる予定の不特定PCでもいいし、ハンドアウトである程度縛ったPCでも構わない訳です。逆に言えばPCである必要すら無く、【彼ら】はNPCでもいいんですよね。こういう状況に置かれたNPCはどう行動するだろう、それに対してPCはどうするだろう、で良い訳です。
 この【状況】と【彼ら】の2つを絞り込んで考えればシナリオフックは出来ているわけなので、後はそこにたどり着く往路、そこを終わらせた後の復路を考えれば一つのシナリオの形が見えてくる訳で、そこをどうやって絞り出すかがシナリオ作成のキモなんですよね。

 ただ、【状況】も【彼ら】も普段のインプットからネタが拾えるものなので、とりあえずは色々なものを読み書きして引き出しという引き出しをいっぱいにするのがシナリオに困らない極意なのかな、と思います。


NO IMAGE

老人の戯言

 TRPGで年代の離れた人と一緒にセッションをするとお互い気を使うんですけども、どの年代の人もいわゆる「青春」の時代に流行った話題やアニメが得意なので、年代の差がネタの差に直結するんですよね。  基本的に老人は興味が薄れるというよりも集中力が持たないという理由で新しいネタを咀嚼できない(ぶっちゃけると小説読んでる・アニメ見てる余裕がない)ので、若い世代の人が古いネタに付き合わなければならないパターンが多く、その結果「老人は面倒臭い」と思われがちなんですよね。というかそう言う意味では思いっきり老...

NO IMAGE

時間いっぱいと終了時間厳守は両立しないので

 まあ個人的な経験を踏まえての話しなんですけども、セッションを運営するとして、「セッションに用意された時間いっぱいいっぱいまで楽しみたい」というニーズと「セッション終了時間は厳守したい」というニーズは両立できない(たまに両立するがそれは運が良かっただけの話)ものなので、両方を希望された場合どうすればよいのか、という部分が問題になりますよね。  私の個人的な意見としては、それであれば「実ゲームプレイ時間は1時間位余裕を見てセッティングする」「普通にプレイする」「余った時間は感想戦をみっちりする事...

NO IMAGE

そう言えばアリアンロッドのエネミーガイド

 日記というか記事というか完全にメモなんですけども。  アリアンロッドのエネミーガイドに出てくるエネミーって全部画像が公式にアップされているので、それを取り込んでオンセで使えるんですよね。  全エネミー画像ありっていうのはなかなかない豪華特典なので、皆もアリアンロッドでオンセをゴリゴリ回せば良いと思います。

NO IMAGE

古いシステムは悪いシステムと言う訳ではないので

 今のTRPGってTRPGとして相当進化した結果のTRPGなので、色々な部分で黎明期のゲームにはなかったシステムが搭載されていたり、黎明期にはなかったプレイスタイルで遊ばれていたりするんですよね。  しかし、じゃあ黎明期のシステムは悪かったのかというとそう言う訳ではなく、ただ「路面が舗装されていない道」なので最短最速ルートには向かないと言うだけの話でハイキングで歩く分には問題がなかったり、普通に進むだけではなくて色々な遊び方をしようとするなら舗装されていない分事故った時に痛くなかったりするので...

NO IMAGE

テキストオンセってログを残せるので良いですよね。

 別にボイセやオフセをディスる意図なく言うんですけども、テキストオンセってログを残せるので良いですよね。  プレイ中の宣言が全部ログに残るのでGMとの間で「言った言わない」になりませんし、GMのヒントも全部ログに残っているので「記憶抜け」でセッションが崩壊する可能性も低いですし、何よりセッションの記録が残るので後になってその時のセッションを思い出すためのトロフィーになりますし、場合によっては誰かがそのログを整形して読みやすいリプレイにしてくれるかも知れませんし、良い面がいっぱいあります。  ...

NO IMAGE

どどんとふ鯖を公開した甲斐があるなぁ……。

 今日は雑談カテゴリに近いんですが、実は私のサイトに設置しているどどんとふはどどんとふの公式サーバーでして、他サーバーさんとは違って上限が15人位の零細鯖なんですが、結構使って貰っているんですよね。  毎日誰かが使っている、とまでは行きませんが、金土日くらいはだいたい4〜7人くらいが使ってくれていますし、多分1卓か2卓くらい平均で立っている感じなんですよね。  公式サーバーは自分は全く使わない、人に使って貰う専用のサーバーなのでどんどん使って貰って構わないですし、むしろ使われないとサーバー代...

NO IMAGE

お約束だけど、一番プレイヤーをしたい人がGMする羽目になるんですよね

 一緒に遊んでいる新人さんが自分の身内にもTRPGを布教し始めて一生懸命GMををやっている感じで微笑ましいなと思いつつ眺めているんですけども、TRPGって一番プレイヤーをやりたいと思っている人がGMをする結果になる傾向がありますよね。  世界観が気に入ったシステムがあって、買って、じゃあプレイとなるとシステムを持っているのが自分だけなので自分がGMするしかない、みたいな状況は昔からままあった気がします。  まあ今はオンセがあるしTwitterでプレイヤー募集もできるので、システムを買って...

NO IMAGE

インストって大事ですよね

 嫁さんが「アナログゲームの達人」という触れ込みでゲーム会(50人規模)に誘われたので、流石に嫁さん1人で50人は回せないので手伝えと言われて今何のアナログゲームを持っていくか考えているんですけども、アナログゲームってインストが5割だと思っていて、インストで「お、面白そうだな」と思わせればもう8割がた成功しているんですよね。興味があって遊ぶものはもうその時点で面白いものなんですよ。  そこで何を持っていくのか、どうインストするのかを考えているんですが、TRPGもインストって大事ですよね。  ...

NO IMAGE

GMばかりだと飽きる

 個人的な話なんですけども、GMって楽しいんですけど毎回GMばっかりだと飽きるというか、脳の一部の筋肉が使われなくて錆びていく感覚があるので、ある程度の間隔でプレイヤーもやりたいんですよね。  別にプレイヤーにもGMにも上下はないと思っていますし、立場の違いこそあれセッションに寄与すべき存在という意味では一緒だと思っているんですけども、なんというか、使う能力に若干の差を感じるのです。  それが相互に作用するものだと感じていて、ある程度プレイヤーをやったらGMをすると良い結果につながりやすいし...

スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大