楽しい作業

 ニンテンドースイッチでモンスターハンターダブルクロスを購入し、モンハンとしてはP2G以来のモンハンを楽しんでいるんですが、モンハンって敵の倒し方を身に着けてさえしまえば後はもう作業なんですよね。でも楽しい。
 モンハンの作業のどこが楽しいかを考えてみると、やる事は決まっていても作業の手際で時間が変わる、ある程度最適化の余地がある、ランダムによって得られるものが違う、なんかがポイントなんじゃないかと思います。
 そしてそれをTRPGに当てはめてみると、ダンジョン攻略って楽しい作業なんですよね。
 ドア発見。罠鍵感知と解除、突入、戦闘、経験値とアイテムの入手という一連の作業なんですが手際で時間が変わるし、戦闘なんかは最適化の余地があり、宝箱やドロップアイテムはランダムで得られるものが違う(ように見える)って言う部分はまさに「楽しい作業」なんじゃないかと思います。
 そう考えると、TRPGでダンジョンって構造的に楽しく出来てるんですね。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大