TRPGプレイリポート:2010年5月4日メックウォリアー

 GWの真っ只中、大学時代のTTNのメンバーが札幌に帰ってくるとの事で、急遽収集されたセッションです。
 ゲストは「イトウ・××××大尉」(ってか本人だ、これ)。

 今回のキャラクターはアルザックかと思いきや、昔クリスアニアonソードワールドで使用したキャラクター(日刊ベルディアスポーツさん刊の同人誌・偽りの赤に参加した)のクラウツィードでした。
 しっかりブサメンで湿気った(失機者)キャラでしたよ。

 戦線での功績を認められ、大尉まで出世したイトウ大尉。
 中隊をまかされるにあたり、今までのクルセイダーではなく新しい乗機を与えられます。
 お下がりのクルセイダーを貰って失機者から回復したクラウツィードはイトウ大尉に心酔。何を言われてもイエッサーしか返しません。

 新たな指揮小隊を編成してすぐ、惑星の寒冷地に白い怪物が現れるとの通報があり、小隊を引き連れて現地に向かうイトウ大尉。
 下戸な彼は歓迎の宴で潰れてしまい何もできませんが、周囲のキャラが手厚くサポート。
 話を聞く限り、現地の近くに過去の遺跡があるらしいこと、コムスターの神官がそこに向かった経緯がある事から、白塗装のメックがいるものと予想し、遺跡に向かう最中にブリザードに遭い、一人はぐれるイトウ大尉。

 通信で連絡を取り合い落ち合ったところに飛んでくる射程圏外からのPPC、そこには白塗装の珍しいメックが4機!

 という訳で戦闘スタートですが、全面雪のために移動力が制限される、相手のジャミングのせいで指揮がうまく取れない、相手側のPPCや機体が旧テクノロジー系の強力な物というペナルティが多く、非常に苦しい戦いになりました。
 最初から苦しいのがわかっているので、弾薬が多く死にやすいクルセイダーで特攻して戦線を開く私。
 最終的にはこちらの損害は大尉機含む2機大破2機ほぼ無傷、相手方は4機全破損でなんとか勝ち。
(ちなみに私は中枢にすらダメージ入りませんでした)

 戦闘を終わらせて遺跡に向かったところ、遺跡から出てきたコムスター神官の手にあからさまなアタッシェケースが。
 押し問答の末、結局は武力行使でアタッシェケースを入手し、現地を開放したところでセッション終了。

 後日談としてコムスター教団と裏の取引をした結果、イトウ小隊はそのまま違う星系へ飛ばされることになったのでした。

 メックウォリアーRPGは計算が面倒くさいところはありますが、戦闘部分はやっぱり面白いですねぇ。


スポンサーリンク
レクタングル大




レクタングル大




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大